プロがあなたに代わって保険を探します
プロがあなたに代わって保険を探します
 

「たくさんの生命保険会社」、「たくさんの保険商品」の中から、自分にピッタリ合った保険を選ぶのは大変です。
持病がある方は、まず自分が入れそうな保険を探すところから保険選びが始まるのでもっと大変です。

「これだ!」と選んで手続きまでしたのに、「加入できません」という回答がきたら、その苦労は水の泡。また1からやり直しです。 それは相当なストレスではないでしょうか?

 

「たくさんの生命保険会社」、
「たくさんの保険商品」の中から、自分にピッタリ合った保険を選ぶのは大変です。

持病がある方は、まず自分が入れそうな保険を探すところから保険選びが始まるのでもっと大変です。

「これだ!」と選んで、契約手続きまでしたのに、結果「加入できませんでした」という回答がきたら、その苦労は水の泡。また1からやり直しです。 それは相当なストレスではないでしょうか?

 
 
 


当社ではみなさんに代わって、加入を検討できる保険商品をお調べしてご案内致します。
  相談は簡単で、お問い合わせフォームに入力するだけです。
持病がある方は、まず当社に相談してから保険選びをスタートしてみてはどうですか。  

 


当社ではみなさんに代わって、加入を検討できる保険をお調べしてご案内致します。 相談は簡単で、お問い合わせフォームに入力するだけです。

持病がある方は、まず当社に相談してから保険選びをスタートしてみてはどうですか。  

 
 
持病がある人は保険に入れない?

\あなたに最適な保険プランをご提案いたします/

0120-60-2211

メールでのお問い合わせはこちら

あなたに最適な保険プランを
ご提案いたします

無料で相談電話をする

メールでのお問い合わせはこちら

持病がある人は保険に入れない?
   

生命保険の加入時には「診査や健康告知」が必要となり、保険商品によって、診査の内容や条件が異なります。
生命保険は基準が 3 段階あります。
告知の質問内容が多く、診査が厳しい「一般の生命保険」
持病があっても加入しやすい「引受基準緩和型の生命保険」
持病があっても加入ができる「無選択型の生命保険」
3段階です。

   

生命保険の加入時には「診査や健康告知」が必要となり、保険商品によって、診査の内容や条件が異なります。生命保険は基準が 3 段階あります。

告知の質問内容が多く、診査が厳しい「一般の生命保険」

持病があっても加入しやすい
「引受基準緩和型の生命保険」

持病があっても加入ができる
「無選択型の生命保険」

3段階です。

動画で分かる!無駄のない保険の選び方!
知らなきゃ損
一般の生命保険に入れる?
一般の生命保険に入れる?
   

持病があっても、最初からあきらめずに、保険料が安く、保障のバリエーションの多い、「一般の生命保険」から検討するようにしましょう。
一般の生命保険に加入できない場合は、次のステップとして「引受緩和型」、最後に「無選択型」の順序で検討することで、ムダの少ない保険選びができます。

まずは「一般の生命保険」から検討してみましょう。

   

持病があっても、最初からあきらめずに、保険料が安く、保障のバリエーションの多い、「一般の生命保険」から検討するようにしましょう。

一般の生命保険に加入できない場合は、次のステップとして「引受緩和型」、最後に「無選択型」の順序で検討することで、ムダの少ない保険選びができます。

まずは「一般の生命保険」から検討してみましょう。

 
持病がある人は保険に入れない?
持病がある人は保険に入れない?

答えは、
「あります!」

     

保険会社や、保険商品によって診査の結果が異なります。ひとつの保険会社で加入ができなかったとしても、すべての保険会社で加入できないわけではありません。

    持病や通院中、健康診断で指摘がある場合でも、一般の生命保険に加入できることがあります。ご自身で一般の生命保険に加入できるかを確認するにはかなり苦労します。お客様ご自身で、いくつかの保険会社に問い合わせをしても、「加入の手続きをして頂いてからの回答になります。」という返事がくるでしょう。

当社では、保険会社ごとの特徴や、健康状態を告知するためのポイントなど、これまでの経験を活かし、お客様に新たな選択肢をご提案いたします。

     

保険会社や、保険商品によって診査の結果が異なります。ひとつの保険会社で加入ができなかったとしても、すべての保険会社で加入できないわけではありません。      

持病や通院中、健康診断で指摘がある場合でも、一般の生命保険に加入できることがあります。ご自身で一般の生命保険に加入できるかを確認するにはかなり苦労します。お客様ご自身で、いくつかの保険会社に問い合わせをしても、「加入の手続きをして頂いてからの回答になります。」という返事がくるでしょう。

当社では、保険会社ごとの特徴や、健康状態を告知するためのポイントなど、これまでの経験を活かし、お客様に新たな選択肢をご提案いたします。

 
 
  
持病がある人は保険に入れない?
持病がある人は保険に入れない?

現在の健康状態では、保険料の安い一般の生命保険に加入できず、割高な生命保険への加入となった場合でも、今後、 健康状態が改善して、「一般の生命保険」に加入し直すこともできます。

当社では、ご加入頂いてからも定期的に書面やメール、 LINE、電話等で健康状態の確認を致します。 その情報をもとに切り替えのチャンスをご案内致します。 当社では、保険会社ごとの特徴や、健康状態を告知する ためのポイントなど、これまでの経験を活かし、お客様 に新たな選択肢をご提案いたします。

加入できた安心感から見直しをせず、同じ内容で継続される方が多いですが、当社でご契約頂いた場合には、ご契約後も、より良い条件の保険に切り替えのチャンスはあります。

「いま」も大切ですが、「近い将来」を含めて、保険加入の検討をしていくことを、オススメします。その情報をもとに切り替えのチャンスをご案内致します。

当社では、保険会社ごとの特徴や、健康状態を告知するためのポイントなど、これまでの経験を活かし、お客様に新たな選択肢をご提案いたします。

 
 
 
 
 

現在の健康状態では、保険料の安い一般の生命保険に加入 できず、割高な生命保険への加入となった場合でも、今後、 健康状態が改善して、「一般の生命保険」に加入し直すこともできます

当社では、ご加入頂いてからも定期的に書面やメール、 LINE、電話等で健康状態の確認を致します。 その情報をもとに切り替えのチャンスをご案内致します。

当社では、保険会社ごとの特徴や、健康状態を告知する ためのポイントなど、これまでの経験を活かし、お客様に新たな選択肢をご提案いたします。

 
 

加入できた安心感から見直しをせず、同じ内容で継続される方が多いですが、当社でご契約頂いた場合には、ご契約後も、より良い条件の保険に切り替えのチャンスはあります。

「いま」も大切ですが、「近い将来」を含めて、保険加入の検討をしていくことを、オススメします。その情報をもとに切り替えのチャンスをご案内致します。

当社では、保険会社ごとの特徴や、健康状態を告知するためのポイントなど、これまでの経験を活かし、お客様に新たな選択肢をご提案いたします。

\あなたに最適な保険プランをご提案いたします/

0120-60-2211

メールでのお問い合わせはこちら

あなたに最適な保険プランを
ご提案いたします

無料で相談電話をする

メールでのお問い合わせはこちら

ご加入事例のご紹介
糖尿病を治療中のAさん
 
 

インスリンは投与していなかったのに、HbA1c の数字が高いので保険には入れないと断れられた事があります。
割高な保険以外に選択肢はやはり無いものなのでしょうか?

 
 

糖尿病と言っても症状や数値は様々です。例えば A 社ではHbA1c が 6.2 で加入できませんが、B 社なら 7.4 でも加入できます。 C 社では健康な方と同じ割引が適応されるケースさえあります。
保険会社によって保険加入の引受時に参考にする基準が違います。

 
 
 
 

あきらめて、入れる保険に加入して高い保険料を払っていたのですが、相談して安い保険に切り替えることができました。
毎月の保険料の負担が減って、保障の内容も良くなったので大満足です。

 
うつ病を治療中のBさん
 
 

過去にうつ病と診断された事があると保険屋さんに伝えたら、普通の保険に入ることが厳しいと言われました。それから保険の検討をしていません。
うつでも入れる保険は無いのでしょうか?

 
 

うつ病といっても症状や治療内容や治療期間など体の状況により加入できます。
例えばA 社では一度でもうつ病と診断された場合は、一般の保険に加入ができませんが、B 社では治療終了後の期間により加入する事も可能です。C 社では健康割引が適応される保険もあります。

 
 
 
 

あきらめていたのですが、まさか割安な保険に加入できるとは思っていませんでした。
インターネットが苦手な私でも丁寧に対応してくれたので助かりました。

 
糖尿病を治療中のCさん
 
 

私が加入できる保険では、入院の保障しかできないと言われました。
がんになってしまったときの保障も付けたかったのですが、やはり難しいのでしょうか?

 
 

残念ながら、リウマチは現時点で、緩和型の保険のご提案となります。
しかし、緩和型の保険の中でも、がんの特約や三大疾病の特約など、追加できる補償が違います。
また、ご加入後に一定の期間が経過し、所定の要件を満たしたら保険料が割引になる保険もあります。

 
 
 
 

入院のときの保障だけでは心配だと思っていたので、がんなどの三大疾病の病気に手厚く保障をしてくれる保険に加入できると聞いたときはホッとしました。

 
選んでほしい理由
選んでほしい理由
営業担当者の全員がFP資格を取得
弊社の営業担当者は全員、ファイナンシャル・プランナーの資格を取得しています。
常にきめ細やかな対応を心がけ、 おひとりおひとりに最適な保険商品をご案内できるよう自己研鑽しております。
保険に加入してからが私たちの仕事
ご契約後も、定期的に最新の保険情報をご案内しております。
またお客さまの健康状態を定期的に確認し、より良い条件の生命保険に加入できるか、検討・ご提案を続けていきます。
豊富な知識と経験
各保険会社の商品がもつ、さまざまな強みや特徴を上手にコーディネートいたします。
複数の保険会社を組み合わせて合理的な設計にするなど、お客さまにとって最適な保険選びのお手伝いをいたします。

\あなたに最適な保険プランをご提案いたします/

0120-60-2211

メールでのお問い合わせはこちら

あなたに最適な保険プランを
ご提案いたします

無料で相談電話をする

メールでのお問い合わせはこちら

取扱保険会社一覧
  • 東京海上日動あんしん生命保険株式会社
  • FWD富士生命保険株式会社
  • エヌエヌ生命保険株式会社
  • オリックス生命保険株式会社
  • ソニー生命保険株式会社
  • 日本生命保険相互会社
  • ネオファースト生命保険株式会社
  • マニュライフ生命保険株式会社
  • 三井住友海上あいおい生命保険株式会社
  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
  • AIG損害保険株式会社
  • 日新火災海上保険株式会社
  • 三井住友海上火災保険株式会社
  • トライアングル少額短期保険株式会社
  • よくあるご質問

    健康状態に不安のある方や、持病があっても加入できる生命保険は増えています。
    しかし、健康状態やご年齢によっては加入できないこともあります。
    弊社では、お客様の健康状態に合わせて、加入見込みがあり、より保険料が安く、より補償内容の良い、生命保険商品をご提案致します。

    一般の生命保険、引受基準緩和型の生命保険、無選択型の生命保険のいずれも、「医療保険」「死亡保険」があります。

    各保険会社によって、加入年齢は異なります。
    一般の生命保険 0才~85才
    引受基準緩和型 20 才~85才
    無告知型 40才~75才
    が多いようです。
    上記の年令から外れてしまっても、加入できる可能性はありますので、お問い合わせ下さい。

    一般の生命保険や引受基準緩和型の生命保険は一生涯となります。
    無選択型の保険は、死亡保険は一生涯保障となりますが、医療保険は 5 年間や 10年間の期間の定められた保険となり、85 才が上限となります。

    基本的に面談が必要となります。お客様のご自宅に訪問、近所の喫茶店、弊社へのご来店でも対応することができます。
    ※現在は保険会社により Web 面談が可能な場合もございます。

    ガンに罹患された直後の加入は難しい場合がありますが、一定の年数が経過している場合は、加入できる見込みがあります。
    がんの種類や経過など詳しく聞いた上で加入可能な保険を提案させていただきます。

    弊社では医療保険だけでなく相続から資産運用まで幅広く、ご相談を承っております。持病をお持ちでも検討していただける商品もございます。
    しかし、加入されるご年齢によってはご用意できない場合もございますので一度お問い合わせください。

    手続きの流れ
     
    手続きの流れ
     
    手続きの流れ

    お問い合わせ

     






      生年月日必須

      男性女性
      医療保険(入院保険)がん保険死亡保険

      お問い合わせ内容任意

      お預かりします個人情報はお問い合わせに対するご連絡のみに使用し、
      第三者への提供は一切いたしません。